ブログ一覧

携帯・スマートフォン(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク)などの電話代・通信費等の任意整理は可能か  (更新日:2019.09.12)

携帯電話やスマートフォンなどの電話代・通信費等の任意整理は可能なのか?

 

あさひ司法書士事務所では過去に、携帯電話・スマートフォンなどの通信サービスの利用料金等の未払い金について、『督促状の手紙が届いたがどうしたらいいか』と、任意整理手続きの相談をお受けたしたことがございました。

 

手紙の中身としては、貸金業者からの督促によく記載してあるのと同じように、お支払いが無ければ「法的手続きを申立て」、「管轄の裁判所へ支払督促または訴訟の申立て」、「動産または給与の差押さえ等」「法律事務所へ債権回収(管理)を委託」といったことが書かれてあったりすることがあります。

 

ところで、消費者金融やクレジット会社や銀行からの借入については、あさひ司法書士事務所でも、任意整理の相談や依頼は多数頂いておりますし、皆様もインターネットの情報などを通じて、借金問題については任意整理という解決方法があるということをよくご存知かとは思います。

 

しかし、任意整理の手続きは必ずしも借金問題に限ったものではありません

 

当事務所に相談に来られる相談者様の中でも、借金以外は任意整理できないのではないかと思い込んでおられる方は多いように感じます。

 

督促の手紙には・・・

 

結果としては、依頼者の生活状況を踏まえて通信会社と和解交渉をしたところ、分割弁済での和解に何とか成功することができたことがありました。

 

 

(解決例) NTTドコモ、NTTファイナンス、KDDIソフトバンク

 

 

ですので携帯電話・スマートフォンなどの通信サービスの利用料金等の未払い金についても任意整理できる可能性があるといえます。

 

もちろん任意整理については、あくまで話し合いの手続きであって強制力をもって行える手続きではありませんし、依頼者様の個々の事情や、各通信会社の任意整理に対する対応も同じとは言えませんので、必ず希望通りの条件で任意整理ができるとは限らないということには注意が必要です。

 

ただ、もし皆様の中で通信サービスの利用料金等の未払い金の滞納が続いているようでしたら、そのまま滞納を放置し続けていても何も解決しません。

 

いずれ裁判を起こされて、給与や銀行口座等の財産を差押さえられてしまう危険もありえます。

 

ですので、滞納が続いているが、早期の支払も困難というような場合には、事態をこれ以上悪化させないためにも、早めに専門家に相談されることをお勧めします。

 

 

あさひ司法書士事務所

司法書士久保正道

 

 


 

 

あさひ司法書士事務所では、過払い金請求任意整理自己破産個人再生消滅時効の援用など債務整理業務に特化して10年以上のキャリアをもつ司法書士久保正道が、受付から面談・書類作成・交渉など業務全般を全て担当し、業務完了まで責任をもって対応させて頂いております。

 

あさひ司法書士事務所は、相談無料ですので、ご相談をご希望の方は、こちらをクリックして気軽にお問い合わせ(電話・メール)ください。

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る


このページの先頭へ