ブログ一覧

ティー・オー・エム株式会社から請求書が届いたら|まずは消滅時効の援用を検討してみましょう  (更新日:2019.09.06)

ティー・オー・エム株式会社から、請求書などの手紙が自宅に届いたという方はいらっしゃいませんか?
 

過去に借金をしていたが、何らかの事情により途中で借金の返済がができなくなってしまい、そのまま長期滞納の状態になっている債務者に送られてくることがあるようです。

 

あさひ司法書士事務所で過去に取り扱ったケースの一例では、株式会社レタスカード株式会社貴善(こうぜん)株式会社プロマイズへと次々債権が譲渡され、更にそこから債権を譲受けて請求してきているものがありました。

 

その手紙の中には、回答期限付きの将来的負担の軽減を目的とした特別返済案の記載があり、それに対する回答書の返却を催促するものがあるようです。

 

また速やかに回答書を返却しないと、「利息・損害金等の免除並びに特別返済案を無効とする」との通告書を送ってくることもあるようです。

 

債務者の中には、長期滞納してしまっていることへのあせりや罪悪感もあり、利息・損害金等の免除並びに特別返済案を見て、誰にも相談することなく債権者の連絡先にすぐに電話をいれてしまう方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

でも、ちょっと待ってください。
 
 

 

◆ここからが大事な話です◆
 
ティー・オー・エム株式会社から手紙が届いた皆様に限りませんが、5年以上借金の返済を一切していないかもしれない皆様は、もし手紙が届いたら債権者に連絡をする前に、以下の点を必ずチェックしてみましょう!
 

最後に取引した日から5年を経過していないか?

 
もし、最後に取引した日から5年を経過している場合には、債権者に対し消滅時効を援用すれば、借金の返済義務を免れられる可能性があります

 

ただし、債権者が5年を経過する前に裁判を起こしていた場合など個々の事情によっては、消滅時効の援用によっても借金の返済義務を免れられないケースもあります。
 
ですので、最後に取引した日から5年を経過しているかもしれない場合には、債権者と今後の借金の返済交渉(例えば、返済の猶予、借金の減額、分割払いなど)をする前に、消滅時効の可否をまず検討してみるようにしましょう。
 
なぜなら、最終取引日から5年が経過している場合に、債権者に対し消滅時効を援用すれば本当は借金の返済義務を免れられたのに、それをしないまま債権者と借金の返済に向けた交渉や和解をしてしまうと、たとえ後から本当は借金を時効消滅させることができたと気付いたとしても、消滅時効を認めてもらうことができなくなってしまうことがあるからです。
 
なお消滅時効の援用をすれば借金が消滅する場合であったとしても、債務者が消滅時効を援用しない限りは、債権者が借金の返済を求めたとしても違法とはいえません。

 

また、債権者は債務者に対して消滅時効のことを説明する義務を負っているわけでもありません。
 

そのため、借金を全く返済しないですむ消滅時効の援用という方法を案内もしてくれません。
 
むしろ債権者は借金に関連する法律に精通し、消滅時効の可能性を認識しつつ、それを債務者に気付かれないように、言葉巧みに何とか返済の約束を早急に取り付けて、債務者が消滅時効の主張をできないようにしてしまおうと考えているようにしか見えないことも多いです。
 
その意味で、債権者から届く督促状等でしばしば見かける『利息・損害金の免除』といった一見ありがたい提案には、くれぐれも注意しなければなりません。 

 

 

ところで、更に問題と思われるケースとしては、利息制限法所定の利率により計算をし直すと、実は過払い金が発生していて借金が無くなってしまうことがあります。

 

債権者の中には、それでもかまわずに、あくまで契約上の残高が残っているということで、なお請求をしてくる会社もありますので要注意です。

 

その意味で、たとえ消滅時効で解決できる可能性がある場合でも、取引履歴を取寄せたうえで利息制限法所定の利率により計算をし直してみるということも忘れずにすべきだと思います。

 

結論

 

5年以上借金の返済を一切していないかもという場合には、消滅時効の可能性を考慮に入れて、まずは消滅時効の主張をしてみることをお勧めします。
 

 

 

あさひ司法書士事務所

司法書士久保正道

 


 
 
あさひ司法書士事務所では、様々な業者に対して消滅時効の援用によって解決した実績もある、債務整理業務に特化して10年の司法書士久保正道が直接皆様の担当をさせて頂きます。
 
借金問題の無料相談を希望の皆様は、こちらをクリックして気軽に電話でもメールでも結構ですので、お問合せして頂けたらと思います。
 
 

一覧に戻る


このページの先頭へ