ブログ一覧

債務整理でどこの事務所に依頼するかは慎重に決めましょう。費用はどこも同じではありません!  (更新日:2020.09.23)

【債務整理の手続き費用について】

 

最近ある相談者様からの相談がありましたので、任意整理を検討中の皆様の参考になればと思い記事を書かせて頂きます。

 

債務整理を考えた方は、何を基準に依頼する事務所を選ばれておられますでしょうか。

 

テレビでよく見かけるとか、ラジオで流れている、新聞や雑誌でよく見かける、ネット広告でよく見かける、などでしょうか。

 

本当にそれだけで選んで大丈夫でしょうか。

 

広告にお金をかければかけるほど知名度は増しますが、それがそのままその事務所の良し悪しとつながるわけではありません。

 

また、莫大な広告費もかかります。その広告費はどこで埋め合わせをするのでしょうか。

 

広告に目を奪われて安易に契約してしまい、後から冷静になって他の事務所と見比べて、その費用の高さに驚き後悔しているという相談も当事務所に寄せられています。

 

 

【大事なポイント(費用面)】

 

「着手金0円」、「初期費用不要」など、一見負担が軽いと感じますが、その後の費用が高額であれば期待に反するかもしれません。

 

依頼した手続きの費用として合計でいくらくらいかかるのかということをしっかり確認しておきましょう。

 

依頼する事務所によっては場合によって、最終的な費用の合計額で比べると約3倍くらいのひらきが生じることもありえます。

 

例えば、減額報酬(借金が減った場合にその減少額に応じて報酬を計算)を請求しない事務所も増えてきていますが減額報酬を請求している事務所もあります。その場合は依頼する時点では報酬額は未定ということになってしまいます。

 

なお、この減額報酬を消滅時効援用の場合にも適用する事務所もあるようです。消滅時効の援用手続きの場合は、長期滞納により延滞金が膨らみ負債総額も大きくなっているケースもよく見かけますので、減額報酬でいくと費用が高額になるケースも多いのではないかと思われます。

 

ときどき他の事務所に依頼した人から、依頼後に別の事務所の費用等をご覧になって、依頼した事務所の費用が高いといって当事務所に相談を頂くことがあります。

 

しかし、一旦契約してしまうと後から他の事務所より費用が高いといった理由のみで契約を白紙にしたり、費用を値下げさせたりするのは実際上難しいです。

 

気の毒に思うこともありますが(特に、債権者への返済が大変な中において依頼した事務所への費用の支払いも同時にしなければならないような場合)、当事務所に相談を頂いても基本的に他の意事務所の費用に関しては何とも申し上げられないところではあります。

 

また、あさひ司法書士事務所では『返済代行サービス』についてのメリット・デメリットを積極的に記事にして発信していることもあり、その記事を見て他の事務所で返済代行サービスを利用している人から相談を頂くこともしばしばあります。

 

代行手数料を依頼した事務所に払うのが嫌で、自分で返済を管理して返済をしていけると思われるのであれば、その旨を依頼した事務所に伝えてみましょう。

 

過去に相談を受けた人で、実際に辞退を申し出たところ、無事に返済代行サービスの利用を辞めさせてもらえたと喜んでおられた相談者様もいらっしゃいましたので・・・。

 

ともかく後日のトラブルを避けるためにも依頼する前に説明をしっかり聞いて(特に費用に関して)から依頼するかどうかを決めましょう。

 

できれば複数の事務所から説明を聞いてみて比較してみれば、少しでも事務所選びにおいて失敗を減らせるかもしれません。

 

 

あさひ司法書士事務所

司法書士久保

 


 

あさひ司法書士事務所では、過払い金請求・消滅時効の援用・任意整理・自己破産・個人再生を含む債務整理業務に特化して12年以上のキャリアをもつ司法書士久保正道が受付から面談・交渉、業務終了まで直接皆様の担当をさせて頂きます。

 

相談をお受けした司法書士が、実際の交渉も自ら行いますので、安心してお任せ頂けたらと思います。

あさひ司法書士事務所は相談無料ですので、まずは遠慮なく相談を!

 

相談希望の皆様はこちらをクリックして気軽にお問合せ(メール・電話)ください。

 

 

 

一覧に戻る


このページの先頭へ